ニュース・メディア掲載実績

第5回 「健康と経営を考える会」シンポジウムを開催しました

May 22, 2018

代表の山本がコーディネーターを務める「健康と経営を考える会」の第5回シンポジウムを5月22日(火)に開催しました。

今回のシンポジウムでは「健康経営・データヘルスで国・社会・家庭を変える!」をテーマに、健康経営をリードする株式会社丸井グループ代表取締役社長 青井浩氏に経営理念としての「健康」に関する基調講演をいただきました。

 

第1部は、日本航空株式会社副社長・CWOの藤田直志氏の講演からスタートし、産業医科大学産業生態学研究所 作業関連疾患予防学 産業衛生教授の浜口伝博氏、経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課長の西川和見氏と厚生労働省 保険局 保険課長の安藤公一氏のショートプレゼンテーションが行われました。

 

また、第1部後半ではミナケア代表 山本がモデレーターとなりパネルディスカッションを実施。和やかな雰囲気で、保険者、企業、行政、医師というそれぞれの立場から健康への投資をいかに価値として転換していくか、健康経営の実践について、会場のみなさまとともに議論を深めていきました。

 

第2部は、企業・組合で健康経営に関わる皆さまから、成功事例をご紹介いただきました。

ディスコ健康保険組合 常務理事の小沼久実子氏、味の素株式会社人事部労政グループ シニアマネージャーの小林修氏、SCSK株式会社人事グループ ライフサポート推進部長の篠原貴之氏にご登壇いただき、「健康経営」「データヘルス」「働き方改革」といったキーワードで講演とパネルディスカッションを展開しました。 

 

今年も600名を超える多くの方々にご来場いただき、盛況のうちに終了しました。

 

ご登壇者の皆さま、会場にお越しいただいた皆さま、関係者の皆さま、改めまして御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

関連リンク:

健康と経営を考える会

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

株式会社ミナケア

Copyright© MinaCare Co., Ltd. All rights reserved.