ニュース・メディア掲載実績

LGBTセミナーを開催しました

2019年10月9日、MinaCare Academic Session 2019として 健康保険におけるLGBTの課題を学ぶ、LGBTセミナーを開催致しました。 全加入者のケアをする保険者にとって、LGBTの理解は欠かせません。 このセミナーはLGBTについての基本的な理解を深めることを目的とし 医療現場や健康保険におけるLGBTの課題や、最近の取り組み事例をご講演いただきました。 講師のみなさま、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。 ■セミナーご参加者様の感想 『健保で行っているドックでも、対応を考える必要があると感じました。』 『LGBTに対する理解が深まりました。多様性について考えさせられました。』 『健診センターで現在男女別ゾーンで実施している検査ゾーンがありますので、LGBTの方の視点で考え直さなければならないと感じました。ありがとうございます。』 『とても参考になりました。大事なことを知り得ました。できることからはじめたいと思います。』 『新しい気づきや取り組めそうなアクションのヒントがありました。』 ■講師紹介 ◇講師セッション: 杉山文野様 <講師プロフィール> 1981年東京都生まれ。フェンシング元女子日本代表。 早稲田大学大学院にてジェンダー論を学んだ後、その研究内容と性同⼀性障害と診断を受けた自身の体験を織り交ぜた『ダブルハッピネス』を講談社より出版。 卒業後、2年間のバックパッカー生活で世界約50カ国+南極を巡り、現地で様々な社会問題と向き合う。帰国後、⼀般企業に3年ほど勤め独立。 現在は日本最大のLGBTプライドパレード

健康保険におけるLGBTの課題を学ぶ、セミナーを開催します

全加入者のケアをする保険者にとって、LGBTの理解は欠かせません。 このセミナーではLGBTについての基本的な理解を深め、医療現場や健康保険におけるLGBTの課題や、最近の取り組み事例を学びます。 開催⽇時:2019年10⽉9⽇(⽔) 16時開始 - 18時終了 開催場所:⽇本橋ライフサインエンスハブ 8F B会議室(東京メトロ銀座線 三越前駅直結 COREDO室町3) 講師セッション: 杉⼭⽂野様 <講師プロフィール> 1981年東京都⽣まれ。フェンシング元⼥⼦⽇本代表。 早稲⽥⼤学⼤学院にてジェンダー論を学んだ後、その研究内容と性同⼀性障害と診断を受けた⾃⾝の体験を織り交ぜた『ダブルハッピネス』を講談社より出版。卒業後、2年間のバックパッカー⽣活で世界約50カ国+南極を巡り、現地で様々な社会問題と向き合う。 帰国後、⼀般企業に3年ほど勤め独⽴。現在は⽇本最⼤のLGBTプライドパレードである特定⾮営利活動法⼈ 東京レインボープライド共同代表理事、セクシュアル・マイノリティの⼦供たちをサポートするNPO法⼈ハートをつなごう学校代表、各地での講演会やメディア出演など活動は多義にわたる。⽇本初となる渋⾕区・同性パートナーシップ証明書発⾏に携わり、渋⾕区男⼥平等・多様性社会推進会議委員も務める。 事例セッション①: ⽇本航空株式会社 ⼈財本部 ⼈財戦略部 ⼈財戦略グループ アシスタントマネジャー 東原祥匡様 事例セッション②: 株式会社丸井グループ サスティナビリティ部 ダイバーシティ&インクルージョン推進担当 課⻑ 井上道博様 参加をご希望の⽅はミナケア営業担当、またはこちらの

ミナケアへのお問い合わせはこちらから

健康経営、保健事業、データヘルス計画策定、リアルワールドデータ活用の

ご相談など承ります

株式会社ミナケア

Copyright© MinaCare Co., Ltd. All rights reserved.