Who we are  > Yuhi Momozon
P1010268.jpg

事業推進チーム/営業企画チーム

桃園 雄飛

Yuhi Momozono

エネルギー会社、IT会社などで法人営業として約4年間従事。2020年11月より㈱ミナケアに入社。入社以降、「元気ラボ」を導入いただいているお客さまに伴走するCS業務を担当。2021年より営業企画チームを兼務。

自ら考え、自責のこころで行動できる人が活躍できる環境

このサービスでお客さまに喜んでもらいたいと思った

前職では、キャッシュレスシステムの加盟店営業をしていました。最初は数字が伸び悩んでいましたが、アフターフォローを丁寧におこなうことを心がけたところ、数字をあげられるようになり、営業としても成長することができました。また、「売って終わり」の関係ではなく、そのあとまでフォローすることでお客さまが喜ぶ姿を見ることができ、その経験からCS(カスタマーサクセス)としてのキャリアを選びました。

 

ミナケアには「元気ラボ」というサービスがあります。これは健康保険組合等の保険者が取り組む予防・健康づくり事業の一括管理ができ、業務を楽に進められるというコンセプトを打ち出しているサービスです。

 

CSとしては「元気ラボ」を利用いただくためのサポートにとどまらず、予防・健康づくり事業の戦略立案から実施、効果検証までをお客さまと伴走し、成果を達成していく必要があります。ミナケアが掲げる「投資型医療の実現」というビジョンにも共感し、また「元気ラボ」がそのビジョンを達成するにあたって必要なサービスであると確信し、このサービスでお客さまに喜んでもらいたい、成功へ導きたいと思いミナケアに入社をしました。

「こうしたらもっと良くなるんじゃないか」を考えられる自責のこころが大事

ミナケアは、チームワークを生かして成果を出していれば、社歴や年次に関係なく、やりたいことに挑戦させてもらえる環境が揃っています。サービスのアップデートに伴って業務も改善、設計をしていく必要がありますが、今期は、自分自身のチャレンジとして、「CS業務の業務フローの改善」を進めたいと思っています。こういったチャレンジを上長もバックアップしてくれますし、同じチームのメンバーも一緒に取組んでくれる土台があることが、自分自身の新しいチャレンジに繋がっていると思います。

 

そしてなにより、ミナケアで成果を上げるためには、自分ごとで考えること、自分がいつ何をしていたらもっと良くなっていただろうと考える自責のこころを持つことが大事だと教えてもらいます。ぜひそういったマインドを持った方、持てる方と一緒に働きたいです。

 

ミナケアのメンバーは、忙しい時期であっても、他メンバーが困っていそうであれば協力し、お互い助け合いながら業務を進めることができる人が多いです。まだ組織が大きくない分、職種の線引きを明確に設けていませんが、「これは自分の仕事ではない」というスタンスの人はいません。バックグラウンドや持っているスキル、長所もさまざまなメンバーがいるおかげで、毎日刺激受けながら仕事ができています。

経営者目線まで視座を高め、ミナケアのサービス改善を考えていきたい

「投資型医療の実現」というビジョンを達成するにあたって、ミナケアという会社を有名にしていきたいと思っています。どんなサービスを提供しているのかだけでなく、ミナケアがどんな社会を目指しているのかも広く知ってほしいです。

 

そのために自分自身もお客さまの声を大切にし、経営者目線で、ミナケアのサービスをどう改善していくかを常に考え、ミナケア社内にも還元できるようになりたいです。

Others

arimitsu.jpg

有光 夏子

CEO補佐/
事業推進チーム・組織開発チーム

安部さん.JPG

安部 泰之

営業チーム

土方 紗緒里

事業推進チーム

hijikatasan2.JPG