メンバー紹介

人と社会をもっと元気にする
「投資型医療」としてのヘルスケア
​その実現を、日本で最初に目指します

高度化する医療や少子高齢化の進んだ日本では、医療費負担が増え続けています。

一方、様々な医療技術が発達した今、

​医療は病気を治すためだけのものではなくなり、健康を守る技術としての潜在力が飛躍的に高まっています。

日本の仕組みでは、保険者がみなさんからお金を集めて医療費向けに管理、運用をし、

医療専門職が病院などで医療の提供をしています。

保険者も医療専門職も、医療を通じて人と社会の未来を支えていますが、

新たな医療の活用方法をまだ見つけることができずにいます。

それどころか、増えていく医療費負担は避けられないもの、医療は変えられないものだという声まで聞かれます。

なぜ、あきらめてしまうのでしょうか。

大きな理由として、医療への根本的な誤解があります。

病気になるのは仕方がない、病気になっても治療すれば済む、

健康診断を受けていれば健康でいられる。

こうした誤解が抜け出せない限り、増え続ける負担から逃れられないだけでなく、

健康で豊かな暮らしも実現しません。

私たちミナケアは、従来の硬直した考え方にNoを突き付け、

新しい発想、価値観で人と社会をもっと元気にしていきます。

いま、ミナケアが掲げるのは「病気を治すこと」から

「病気にさせない取り組み」への転換。

健康へ投資することこそが本来のヘルスケアであり、

人と社会の将来に健康と豊かさをもたらすエンジンです。

その実現に向けて、ミナケアは総力を結集します。

山本雄士
代表取締役社長 山本 雄士
山本雄士公式サイト

動画で知る

​音が出ますのでご注意ください

​主要メンバー
創業者・代表取締役社長 山本雄士(医師・産業医)
 

東京大学医学部を卒業後、同付属病院、都立病院などで循環器内科などに従事。

日本人医師として初めてハーバードビジネススクールを修了(MBA)。日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医。
科学技術振興機構フェロー、内閣官房企画調査官、慶應義塾大学クリニカルリサーチセンター客員准教授などを経て、

2011年にミナケアを創業。健康を守り、育てるコンセプトである「健康投資」を提唱し、投資型医療という新たな産業及び医療モデルを創造している。これまで、厚生労働省保健医療2035推進参与などを歴任。

また、教育活動として山本雄士ゼミを主宰している。2014年日本起業家賞受賞。
共著書に「投資型医療(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」「病院経営のしくみ(日本医療企画)」、訳書に「医療戦略の本質(マイケル・E・ポーターら、日経BP社)」、「医療イノベーションの本質(クレイトン・M・クリステンセンら、碩学舎)」など。

CEO補佐 有光夏子

 

デジタルマーケティング会社で8年間、プロデューサーとして企業のマーケティング支援や戦略策定に従事し現職。

現職では顧客視点に立ったサービス開発の知見を活かし、事業推進と組織開発の両面から投資型医療の実現を後押しする。

ミナケアへのお問い合わせはこちらから

健康経営、保健事業、データヘルス計画策定、リアルワールドデータ活用の

ご相談など承ります

主要メンバー